俺はパパなので、女性のようにお洒落にナーバスであるというわけではないのですが、気になったことがあります。婦人の生徒仲間や私のドクター(婦人)も、身嗜みにめっきりナーバスであるということだ。とてもストイックな訓練なのですが、取り敢えず婦人ですせいか身嗜みを充分意識されている。ちなみに、私のドクターのエレガントはとても清楚で更に簡単だ。また「今日はおさらい会や売り出し会でもないのに、お洒落に念を入れられていて、気疲れしないのかな」って、おんなじ生徒仲間の女性の方に感じてしまいます。
それほど売り出し会の際には、女性の方は着替えで大忙しだ。ブレイクタイムを挟み込む毎に益々おしゃれされて、売り出し会の時節にはどうなってしまうのだろうと思ってしまう。その日はドクターも、生徒仲間くんと同様に華麗になります。
女性の方はおしゃれに余念がないですか。パパです俺から見ると、演奏よりもエレガントの方が目立ってしまって、折角の特訓の成果が、一層埋もれてしまう気がしてなりません。
私の訓練では、伴奏担当の生徒仲間くんが多いです。私も伴奏をします。私のとき、売り出し会では「メインの管楽器(弦楽器)を奏でる輩よりも派手ではない方がいいかもしれない」として、(ただでさえ少な目な男ウエアの装いですが)再度少な目なコーデで伴奏に挑みます。ですが余計、余りにも色調が有りすぎてしまって目立ってしまったこともあります。観客の輩から驚く程だと言われた経験があります。あんな俺に対して女性の場合は、メインの奏者に勝って仕舞う程のケバイ衣料だ。他訓練との混合売り出し会をいつも立ち向かうのですが、これでは「伴奏の生徒くんのお訓練は、伴奏者がゴージャス過ぎでしょ」って批判されるのではないかと、俺は危惧してしまいます。
断然合奏で公演繋がる際に、可能ならば売り出し会の前に、余裕を持って衣料の色調を合わせて置く時間があるとよいでしょう。余りにも不釣り合いになってしまわない為にも、それが最善の考えです。
俺が向かう訓練は驚くような考え方の入れ替えで、充実した革新的な訓練を頂けることが魅力です。ですがこういう衣料合わせは戦いのお楽しみという状況です。もし「衣料合わせの会」を混合で事前に催すならば、演奏する曲により正しい衣料を買えるのではないでしょうか。
皆さんのお訓練ではいかがですか。こういう議論も良いのでは無いでしょうか、http://xn--08jxcu36oqeccth46dp7u4g3a.xyz/

狭い辺りの習い事でマキシマム多いのはやっぱりピアノではないでしょうか。しかしながら、そのピアノをますます続けている輩はなかなかいません。かく言う私もその独自。最後にピアノに触ったのはたしか中学の内だと思いますが、それから20歳辺りピアノから遠ざかっていました。だが大人になって何しろ何か楽器を弾きたい、というドリームが強くなり、結果ちっちゃい辺りに慣れ親しんですピアノの練習を再始動することにしました。大人になってからピアノを習う上でいいな、ということは、前もって気合いがしっかりしているということです。昔は親に言われてやむを得ず通っていたピアノ練習も、大人になって自分の精神で伺う以来、勿論練習お代も自分で払うわけですから、ちゃんと育成をしようと想うわけです。実際、プラクティカルな面では幼い頃の己を超えることは相当難しいかもしれません。でも昔は難しかった曲への考え方が深まり、歳を経て私についた表現力で、また違う角度からチャレンジできるおもしろさがあります。http://xn--vus02dj9eo8og0sx4n.tokyo/